大人のメンズコーデ?オヤジ臭くなってしまう危険があるルックはコレ

大人のメンズコーデをもっとみてみる

 

 

大人のメンズコーデ?オヤジ臭くなってしまう危険があるルックはコレ

 

私もあまり服装には気をつかわないタイプなので、どのブランドがいいとか悪いといった細かなことまでは言えませんが、自分の反省なども含めて気を付けたいのが大人のメンズコーデでの「短パン」ルックです。夏となると日差しがとてもきつく、あるいは蒸し暑かったりするので、可能な限り薄着をと考えがちですが、いくらプライベートなシーンと言っても、膝から下が見えるようなズボンを着ける時にはかなりの注意が必要です。これは多くの女性から指摘を受けたので反面教師にして頂けたら幸いです。

 

大人のメンズコーデとして何で難易度が高くなるかというと、少年だった十代の頃や若かった昔に比べ、得てして体毛が深くなり、一方で筋肉が衰えたりすることで肉が緩み、ビジュアル的にかなりきついことになってしまいがちだからです。女性からすると気持ち悪いという言葉も多く聞きます。もちろんケアを徹底すればまた話は違ってくるのですが、暑いからと簡単に済ませようとの考えで短パンをチョイスした場合、そういった手入れが十分であることは非常に少ないです。そして大人のメンズコーデとして、短パンのまま歩き回るということは当然外で素肌を晒し続けることにもなりますので、肌に虫刺されや細かな傷がついてしまうリスクがとても高くなることを意味します。

 

そうなってくると大人のメンズコーデに反して、いよいよもってルックス的には最悪、どれだけ凝ったデザインのパンツを履いていても、周りの人はそこではなく傷跡などを見てネガティブな反応を示すことにもなりかねません。顔面偏差値が高い、またはスポーツマンなら似合う人も多いですが実際に似合う人は限られると思います。あまり人のことを気にするタイプではない私も、むき出しになったふくらはぎからびっしりと体毛が生えていたり、傷ができていたりしたらまずそちらを見てしまいます。ですのでデートなどの際にはTPOによってフルレングスのパンツを履いたほうがいいです。部屋でパジャマ代わりに着るというならともかく、外出着に短パンを用いるのは、かなりの「リスク」を秘めています。肌や筋肉のケア、コンディショニングができていなくても、服を着ていればそれをカバーできるという基本的な利点はしっかり認識しておいて損はないかと思います。

 

女性が一緒に歩きたい服装着こなしをもっとみてみる